ハイヤーの利用シーンと支持される理由

ハイヤーの利用シーンと支持される理由

ハイヤーの歴史は長いようです。日本では明治末期にハイヤー業務が開始されたといわれており、100年以上の歴史があります。普段、街中で見かける機会の少ないハイヤーは、普段使いに利用しない人にとって、どのようなときにどう利用するのかも分かりにくいものです。当然のことながら、身近な存在ではないため、特別な環境にいる人が利用するものという印象が強いでしょう。街中で走っており、流しの利用ができるタクシーのように思い立ったときに予約なしで利用できるものではないので、どうしても雲の上の存在のようなものになっています。しかし、一度利用すると、雲の上の存在ではなく、機会があれば利用するのも選択肢の一つになるでしょう。

ハイヤーの利用シーンで一番多いのは空港送迎だといわれています。空港送迎はこれから飛行機に乗る人、飛行機に乗って日本に来られた人どちらも該当します。特に、外国人が利用する場合が多く、日本人の利用よりも多いハイヤー会社もあるようです。なぜ外国人の利用が多いのかという理由ですが、それはハイヤーのドライバーが外国語を話すことができるからです。英語はもちろんのこと、フランス語や中国語、韓国語をスムーズに話せるドライバーが多数在籍しています。完全予約制であるため、母国語を話せるドライバーを依頼することにより、意思疎通がスムーズであり、安心して目的地まで連れて行ってもらえる安心感があります。なかには、空港送迎からスタートしてハイヤーを利用した観光地めぐりをされる場合も多く見られます。確かに、私たち日本人も外国語を話すことができない場合、海外の地において母国語を話せる人がいれば安心です。観光する場合も、理解できる言葉で案内をして貰わないと意味も理解できませんし、楽しみを感じにくいはずです。

近年、増えているのが社用車として利用される企業が増えてきたという点です。大企業から依頼があり、長期契約や、スポット利用を依頼されることも増えているようです。役員など企業の上層部利用の場合、ハイヤー会社としても安心して業務にあたってもらえるような人材が推薦されます。接客スキルのスマートさ、運転技術の高さ、会社側から安心して任せられる人材かどうかなどが考慮されます。企業と長期契約をするときに選ばれる人材は会社の顔とも呼べるドライバーです。

また、一般的にハイヤーを見かけるのは、テレビ画面越しであることも多く、政治家や芸能人などの公人の利用が主です。一般社会で見かけるのは、葬儀の際に見かけるお坊さんや高級ホテルに到着したセレブな方々であるのが一般的です。しかし、最近ではこのような状況も変わりつつあります。それは、一般社会にハイヤーがかなり浸透しつつあるからです。普通に会社勤めをしている、いわゆる一般人と呼ばれる人も、イベント時に自分が利用したり、誰かのために依頼したりするようなことが増えています。そのため、年々ハイヤー利用の経験がある人が増えているのです。もはや、特別な人が利用するものではなくなっており、すでに普段の生活に浸透しつつあるのでしょう。

一般人に利用される機会が多いと、自然と口コミも集まってきます。もちろん、良い口コミだけではなく、なかには悪いものもあるかもしれません。しかし、これまで利用したことがない人にとって、口コミはとても参考になるものであり、何かを決めるにあたって参考にする人が多いといえます。同時にSNSもよく利用されるツールであり、ハイヤーを思わぬことに利用している人の感想を参考にしてみるのもいいでしょう。ハイヤーの利用方法は送迎だけには留まらず、利用する側のオーダーによってプランニングしてもらうこともできます。誰かにサプライズを仕掛けたい、親孝行にしたいという場合にもハイヤーを利用する人が増えています。

INFORMATION

【2021年05月24日】 
ホームページを更新しました。