ハイヤーの安全性の取り組み

多くの人は対応も丁寧で接客スキルが高いハイヤーサービスに使われている車両は、なんとなく安全性の取り組みも素晴らしいのではと思ってしまいます。まさにそのとおりで、ハイヤーに使われている車両は安全性が高いことでも知られています。ハイヤー会社は、車両の選定から、ドライバーの研修まで多岐にわたり、安全性の高めることに取り組んでいます。ハイヤーの車両は見た目からでも分かる高級車ですが、そのなかでも安全性の高い車種が選ばれています。そのため、どの会社でもだいたい同じような車種になっているようです。安全性の高い車種というのは、まず予防安全面が優れています。予防安全というのは、衝突事故の回避や運転支援を行うもの。衝突しそうになった場合に、事前に警告音が鳴る、自動ブレーキがかかるというのは一般車両にも標準装備されているためなじみのある機能でしょう。これらの予防安全面に効果のある機能がいくつも付いています。

誤発進抑制装置が付いているものも多く、障害物が周りにある場合にアクセルが強く踏み込まれるとシステムが作動するというものです。急発進や急加速を回避するものであり、ブレーキではなくアクセルを踏んでしまったというような事故を回避する効果があります。ハイヤードライバーは普段から車両の運転には慣れており、この機能が実際に使われることは少ないとは思われますが、いざというときに役に立つ機能といえるでしょう。また、衝突に気を配っていても、衝突を免れないこともあります。その際には、エアバッグが装備されており、運転席や助手席だけではなく、サイドエアバッグも装備されています。衝突は前方からに限ったことではないため、このような多方面にエアバッグが装備されている車両だと安心して乗車できます。車両についての安全機能は多少の差はあっても、このように安全機能が最低限度装備されている車両を使っています。

車両の安全性はもちろんのこと、それを運転するドライバーの技術面についても定期的な研修を行っています。特に運転歴が長くなると、自分の運転を過信してしまうこともあります。それらを防ぐために、自分の運転を教材とした研修が行われています。ドライブレコーダーを使った研修では、自分の運転を客観的に見ることができるため、運転技術を振り返ることもできます。これらは座学的な研修ですが、実際に車両を運転して実践的な研修も行われています。外部のプロの業者に依頼することでマンネリ化とならないような研修であるため、新たな気持ちで業務にあたれるでしょう。