ハイヤーのメジャーな利用方法である空港送迎

ハイヤー会社がお得意なサービス、それは一番依頼の多い空港送迎です。空港送迎のなかでも、海外からのお客様を出迎える依頼が多く、頻繁に利用される場合はお得意様になっていることもあります。観光はもちろんのこと、ビジネスでの利用も多く、社用車として出向いている会社から空港送迎を依頼されることもあります。外資系の企業などでは、海外からビジネス利用で日本へこられる外国人ビジネスマンの送迎が頻繁に行われているため、すでに顔なじみとなっている場合もあるようです。

空港の送迎で気を配らなくてはならないのは、依頼者とドライバーが問題なく会えるかどうかです。事前に待ち合わせ場所や時間は決められており、ネームプレートを持ってドライバーは時間前から待機していますが、それでもスムーズにいかないこともあります。この場合は、人が多いことによるすれ違いや、依頼者側の待ち合わせ場所の変更連絡が伝わっていないなどの理由があるようです。このような連絡のいき違いなどを防ぐため、ハイヤー営業所のスタッフは連絡を密に行っています。海外からの連絡を受け付けるこれらの部門は、外国語にも堪能な人材がそろっており、営業時間も24時間体制です。このような表には出てくることのないスタッフの活躍により、ハイヤー業務はスムーズに行われています。

ハイヤーの空港送迎はあらゆるパターンがあります。海外からのお客様を出迎えるだけではなく、日本から海外というパターンもあります。海外からのお客様が母国に帰られる場合と、日本人のお客様が海外へ観光もしくはビジネス利用されるという場合です。観光の場合は、ファミリーでの利用が多く、自宅から空港まで安心して送迎してもらえるだけあって利用されるファミリーが増えています。人数が増えても利用代金が変わらないハイヤーのメリットを生かして、小さな子どもさんのいるファミリーに好評です。小さな子どもさんは近距離の移動でもご機嫌が悪いと対応するのが大変で、不特定多数のいる前であっても、泣いたり騒いだりすることもあります。パパママにとっては、周りの目も気になりますし、気を遣ってしまうようです。飛行機に乗る前に一仕事をしたかのように疲れてしまうよりも、ハイヤーに依頼する方がメリットはあります。また、一度利用するとリピートされるファミリーが多いことも特徴です。まだまだ知らない人も多いと思われるファミリーの空港送迎、これから口コミやSNSで広がっていくかもしれません。