ハイヤーとタクシーとどう違う?

ハイヤーもタクシーも利用する側が料金を支払う代わりに、目的地まで送り届けてくれるシステムとなっています。料金はハイヤーの場合は前払い制を取っており、完全予約制で利用プランによって料金が違います。というのは、タクシーのような一律のメーター制ではないからです。料金は予約時にすぐに決まるものもあれば、利用する側がさまざまなオプションをオーダーすれば料金も変わってくるでしょう。内容と料金に納得して料金の支払い予約をする、これはハイヤーの料金設定です。また、送迎で利用されることがほとんどですが、1回限りのスポット利用ではなく、中長期の利用や週3回だけというような利用もできます。このような利用方法になると、1回あたりの料金が抑えられるでしょう。料金についてはハイヤー会社によって違いがあるため、気になる会社に問い合わせてみましょう。

今から利用したいと思ったときに、ハイヤーは利用できません。完全予約制のため、遅くとも前日までの予約となっています。もし、このようなドライバーにお願いしたいという希望がある場合も、前日では難しいこともあるでしょう。できる限り早めの予約をすることで、満足度の高い利用ができます。タクシーの場合は街中を走っていますし、タクシー待機所に行けば、よほど込み合っている時間帯でもない限り、乗ることができます。

また、ドライバーの違いもあります。ハイヤーもタクシーもドライバーは普通自動車二種免許を取得しているものの、ハイヤードライバーの場合、高い接客スキルと語学力が求められます。なかには、語学力がそこまで必要なくても接客スキルだけで業務にあたれる場合もありますが、より多くの仕事をこなしていく、会社から頼られるドライバーであるためには語学力は必要です。スムーズな日常会話や、外国人からの質問に答えられるくらいの語学力は必要でしょう。大学で外国語学科にいたとか、海外留学の経験があるとかそういう分かりやすい経歴がない場合は、英検やTOEICの点数というような資格取得が必要です。

また、ハイヤーの場合は高級車が使われています。日本車にとどまらず、外車を導入している会社もあります。その点、タクシーの場合は高級車ではなく、一般的な車両です。それぞれのタクシー会社だと分かる塗装がされているため、ちょっと見ただけでは車種の特定まではできない場合もあります。車内空間はやや狭く、車内インテリアもごく普通です。車両に費用をかけていない分、利用料金はハイヤーと比べてお安くなっています。